Vich-Review

≫2003年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光の雨


mo0988.jpg


B8F7A4CEB1ABA3E8A.jpg


光の雨


2001年 日本映画
監督:高橋伴明
原作:立松和平
出演:山本太郎 祐木奈江 大杉漣


あらすじ-goo映画




日本映画史上初めて直接的に連合赤軍事件を題材にした映画。パロディにした映画なら大阪芸大生らが作って評判になった『鬼畜大宴会』がある。しかし『光の雨』はテーマそのものになっている。しかし複雑な構造でこの重い主題に取り組んでいる。


実在する立松和平のやはり連合赤軍事件がテーマの同名小説を撮影しようとするスタッフと役者たち。これが映画の基本となる舞台である。連合赤軍事件の描写自体は彼らが製作・出演する劇中劇の中で映像的に再現される。つまり間接的に主題のモチーフに対してアプローチし、そのまま事件を劇そのものとして描くことからワンクッション置いたわけである。しかし劇中劇で再現される連合赤軍の山岳アジトの中で行われた「総括」という名のリンチの暴力描写は、やはり初めて視覚化されたとあってかなり衝撃的で凄惨である。


この劇中劇として描いた点がこの映画『光の雨』の評価を賛否両論を呼んだ。これが現代の人の視点に立って連合赤軍事件の意味を解明しようとした、という人もいれば、事実関係に直接踏み込みことを避けてスキャンダラスな問題性を招くことから逃げた、と批判する人もいる。


そもそも立松和平の原作からして事件を複雑な視点から描いている。設定は死刑制度が廃止された近未来で坂口弘がモデルとされる主人公が釈放され、死ぬまでの時間を連合赤軍など知りもしない少年に事件の真実について語る、という構造を取っている。わたしはこの小説の形態はなかなか面白いと思った。なぜなら連合赤軍事件の意味付けというのは現代から振り返ればこの小説の世界から振り返る時間性にかなり近い。つまりもはやわたしの世代からしてみれば連合赤軍も学生運動もセクト間の内ゲバも、もはや太平洋戦争を考えるのと同じくらい化石のような感覚なのだ。重く深刻な事実であればこそ忘却が促進され、無意味の更新の中へ意味が刷り込まれていく。連合赤軍事件から学ぶ示唆は多いが、第一にこうしてもはや権力以上の何ものかの力によって事実が葬られてゆくこと自体が大いなる示唆となりうるのではないか。このようなやり切れない負から負へと落ちてゆく仲間殺しという不毛な話こそ省みることに余りある意味の空白が漂泊していると思う。


だから映画も立松和平原作に忠実に描けばよかったと思う。少なくとも劇中劇を経たキャストがありきたりな事件への感想をスクリーン上で述べるなどという、中途半端でいかにも凡作の展開は取らなかったはずだ。高橋伴明は生半可にこの連合赤軍と世代を同じくして接しているために、自己感慨が強い、逆に言えばオジサンの言い訳がましい回想的雰囲気を残した駄作へと引きずってしまった。大杉漣の演じる役ははっきり言って無駄だったと断言しよう。




DSCF0833.jpg




 

asama11.jpg









光の雨 特別版光の雨 特別版
(2002/12/21)
萩原聖人







スポンサーサイト

コントラクト・キラー


IHIRED011.jpg


コントラクト・キラー


“I hired Contract Killer”
1990年 フィンランド・スウェーデン合同製作
監督:アキ・カウリスマキ
原作:ペーター・ファン・バック
出演:ジャン=ピエール・レオー マージ・クラーク ケネス・コリー


あらすじ-goo映画




やけっぱちのような諧謔的作風を得意とするフィンランドの鬼才アキ・カウリスマキ監督の、わたしのフェイバリット作品。


ロンドンの水道局に地味に勤めるフランス系中年男がリストラされる。勤続15年にもかかわらず退職金は懐中時計1個(しかも壊れていた)。男は世を儚んで自殺しようとする。しかし首吊り自殺はロープを吊った取っ手が外れて失敗。ガス自殺を試みるが決行時にガス会社でストが起こって失敗。ついに彼は殺し屋に自分の殺人を依頼するに到る。しかし偶然であった花売り娘に一目惚れしてしまった彼は自殺願望が消えてしまって、自ら頼んだ殺し屋から逃亡する羽目になってしまう。


わたしがこの映画を見た頃、周囲にやけにジム・ジャームッシュやカウリスマキに傾倒していた人が多かった。『コントラクト・キラー』をほとんどパクッたような自主映画を撮る友人もいた。先輩に「アキさん」という渾名の人がいた。別にカウリスマキ作品のファンでもなんでもない。平均的なルックスの男性だったが女性の髪形にして勅使河原三郎に憧れてダンスを習っていた。大学の能楽部の部室で鏡を眺めながらいかにケイト・ブッシュの発声が素晴らしいか語り倒して、「ああ、歌姫になりたいねん」と嘆息するのが常だった。わたしの周囲のそういった空気はカウリスマキの冷徹なまでにブラックな諧謔精神を考えるたびにいつも瑣末な事柄だがわたしに思い出させる。


ジャン・ピエール・レオーのほとんどバスター・キートンを凌ぐ虚無的表情の演技が素晴らしい。それで映画の所々に現れる名セリフがなんとも味がある。カットの一つ一つがまるで笑いを誘うように無表情でありながら腰砕けの諧謔に満ちている。シリアスな部分をにじませながらすべて腰砕けの笑いに還元してしまう。ユーモアとペーソスとはよく言ったものだが、カウリスマキ映画はまさに顰蹙すれすれのジョークといわゆる労働者階級と呼ばれる人々の暮らしの哀歓を地味なモノトーンで炙り出す感じ。ウェットではなく自嘲気味であり、笑わせるのではなく結果的に笑わざるをえない真摯な姿勢がいい。


この映画には初期パンクスのカリスマ、ジョー・ストラマーが出演し、劇中で演奏し、エンディングテーマも手がけている。ストラマーの歌の雰囲気にこの映画の中の人々のしょうもなさや愛しさが滲み出るような空気感がぴったりハマってるのが不思議。カウリスマキ監督はストラマーをジャームッシュから最初に紹介されたとき、彼が世界的なミュージシャンでロンドンやNYでライヴする有名人とは全く想像してなかったとか。


ContractKille.jpg


Joe Strummer







トータル カウリスマキ DVD-BOXトータル カウリスマキ DVD-BOX
(2002/05/24)
アキ・カウリスマキ



 | HOME | 

ClockLink


無料ブログパーツ

プロフィール

hemakovich

Author:hemakovich
慢性鬱状態で活字を追うのは苦痛です。
電気ショック療法を受けたみたいに、
直前に読んだページの内容を忘れます。

思春期の衝動が、ハードロックに向かうか、
パンクに向かうかで、
人間の感性って分かれ道になるみたいですね。
自分はパンクでした。

たけしの映画より、
村川透のブルーがきれいです!
村西とおるのサイト、いいです!


My Profile by iddy


カテゴリ

index (1)
Book (13)
comic (1)
essey (1)
novel (8)
nonfiction (2)
その他 (1)
Music (15)
邦楽 (6)
洋楽 (8)
コンピレーション・サウンドトラック (1)
Cinema (21)
邦画 (7)
洋画 (13)
その他・PV (1)

PIXIE


最新記事


FLOQ



最新コメント


最新トラックバック


finetune



月別アーカイブ


ALPLAYER



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。