Vich-Review

読書と音楽と映画の寸評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花様年華


kayou1.jpg




花様年華


In The Mood For Love
2000年 フランス・香港合同製作
監督:ウォン・カーウァイ
撮影:クリストファー・ドイル
美術:ウィリアム・チャン
出演:トニー・レオン マギー・チャン


あらすじ-goo映画



1962年の香港。偶然アパートの隣室同士に引っ越してきたことが縁で仲良くなった二組の夫婦。しかしある日お互いの妻と夫が不倫しあっていることに互いの伴侶が気づきあう。不倫の当事者同士の行方を見失い残された二人は事態をどのように向き合ったらいいのか分からないまま、アパートでの壊れた家庭生活を埋め合うように頻繁に出会うようになる。いつしか意図することも無いうちに男女は濃密な時間を共有しあっていることにふと気づいてゆく。


不倫でパートナーを失った人妻と夫なる男女の、肉体関係の無い、不倫の2文字を忌避した恋の話。監督は『恋する惑星』『ブエノスアイレス』などのウォン・カーウァイ。


わたしはこの映画を精神科病棟に入院していた頃、自宅に外泊した時にビデオで見た。その頃病棟生活で同じ入院患者で夫と子供がいる年上の女性と、大変仲良くなっていてそのことで悩んでいたわたしは、この静かなテンポの映画を見て、とても気持ちを慰められた思い出がある。


激しい静けさがゆえに切なさを掻き立てて止まないドラマだ。カーウァイ映画はもともと都市のノイズや役者のモノローグが多用されても不思議に静寂を漂わせた作風があった。しかしこの作品ではモノローグが完全に排除された。『恋する惑星』に見られるようなハンディングカメラ風のぶれの映像も画角の斜体も退行して、原色が目に焼きつくレトロ調の落ち着いた色彩で、パンもスローでカット数が以前より少ない、長回しも多く遠近法が生かされた画面構成。ミディアムテンポで音数の少ないタンゴ形式のオリジナルスコアをそこにかぶせると非常に緻密で静かな映像の「饒舌さ」が物語を進める。動的な表現から静的な描写への転向がうかがえる。


スーツ姿に髪をバックに梳かしてまとめたトニー・レオンの、『恋する惑星』の警官役の落ち着きと憂いを奥に沈めたような抑制の効いた演技。円熟した美しさを帯びた妙齢を迎えながらも開放されないまま、自らを縛りつけているような役柄のマギー・チャン。その耽美的な肢体のラインをくっきりと捉えて言葉以上に多くの彼女を密やかに語り出そうとするカメラの視点。本当に切ない。こんなに感覚的描写が鮮やかな映画も久しぶりだが、最小の表現で情感に訴えかけるミニマムな映像表現も新鮮だった。


ちなみに『花様年華』撮影前のカーウァイは病に臥していたらしい。だからというのでもあるまいが病人進行中のわたしには非常に穏やかに入り込んでくるドラマだった。


不倫という気持ちではない。ただ漂泊する不安な時間を支えあい、ただそれだけのことでさえも秘密として封じている。お互いに惹かれあう気持ちに気づいて自分に認めさせながらも肉体的な交わりの一点を頑なに拒絶する。離れ離れになった後も絶えずお互いの存在の大きさに触れながら懐かしむのだ。生きている時間の中で多くの時間を共有することが重要ではなく、重要な時間の中で偶然めぐり逢わせて共に時間を過ごした他者こそがその後の長い人生の中で何度も回顧する対象であったりもする。


ラストシーンのカンボジアのアンコールワットでのトニー・レオンの演技には、ただただはらはらと涙が流れた。わたしはあまりにあのシーンで受けた感動が鮮烈であったために、もう一度再びあの映画を見る思いになかなかなれない。たかが映画の感動も繰り返せば色褪せるものだ。そういうことをきちんと学習できた齢に出会うべくして出会ったという映画。


100157396.jpg






花様年華花様年華
(2004/11/25)
トニー・レオン



スポンサーサイト

回復的文章

回復


管理者對此表示許可

Trackback

http://vichreview.blog116.fc2.com/tb.php/3-47788399

 | HOME | 

ClockLink


無料ブログパーツ

プロフィール

hemakovich

Author:hemakovich
慢性鬱状態で活字を追うのは苦痛です。
電気ショック療法を受けたみたいに、
直前に読んだページの内容を忘れます。

思春期の衝動が、ハードロックに向かうか、
パンクに向かうかで、
人間の感性って分かれ道になるみたいですね。
自分はパンクでした。

たけしの映画より、
村川透のブルーがきれいです!
村西とおるのサイト、いいです!


My Profile by iddy


カテゴリ

index (1)
Book (13)
comic (1)
essey (1)
novel (8)
nonfiction (2)
その他 (1)
Music (15)
邦楽 (6)
洋楽 (8)
コンピレーション・サウンドトラック (1)
Cinema (21)
邦画 (7)
洋画 (13)
その他・PV (1)

PIXIE


最新記事


FLOQ



最新コメント


最新トラックバック


finetune



月別アーカイブ


ALPLAYER



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。