Vich-Review

読書と音楽と映画の寸評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Deee-lite / World Clique


dee.jpg


Deee-lite  /  ”World Clique” / 1990

 






テイ・トウワが脱退してからいつのまにか精彩を欠いて自然消滅し短命に終わったユニット。


しかしこのファーストが出た頃の勢いというかビルボードで名前が上ってた頃はすごかった。


発売元のワーナーのジャンル分けには「ホログラフィック・テクノ・ソウル」なんてラベリングされていた。革新的にクラヴミュージックを変えたと言ってよい。


テクノやヒップホップをベースに多彩な音楽性を取り込んで実験的な構成に富んだ楽曲もさることながら、クラヴフロアを意識した空間的な音作りが非常に顕著なところが目新しかった。中野裕行の手がけたビデオクリップも面白かった。メンバーの人種の違いに現れているように無国籍なユニット・イメージも音楽性といい感じでシンクロしていた。


ポップミュージックでつかの間ブレイクして、クラヴミュージックに多大なる影響力を残して、このユニットのアグレッシヴな実験性はテイ・トウワのソロへと引き継がれていく。


1042565.jpg







World CliqueWorld Clique
(1994/06/17)
Deee-Lite



スポンサーサイト

回復的文章

回復


管理者對此表示許可

Trackback

http://vichreview.blog116.fc2.com/tb.php/33-39e00b96

 | HOME | 

ClockLink


無料ブログパーツ

プロフィール

hemakovich

Author:hemakovich
慢性鬱状態で活字を追うのは苦痛です。
電気ショック療法を受けたみたいに、
直前に読んだページの内容を忘れます。

思春期の衝動が、ハードロックに向かうか、
パンクに向かうかで、
人間の感性って分かれ道になるみたいですね。
自分はパンクでした。

たけしの映画より、
村川透のブルーがきれいです!
村西とおるのサイト、いいです!


My Profile by iddy


カテゴリ

index (1)
Book (13)
comic (1)
essey (1)
novel (8)
nonfiction (2)
その他 (1)
Music (15)
邦楽 (6)
洋楽 (8)
コンピレーション・サウンドトラック (1)
Cinema (21)
邦画 (7)
洋画 (13)
その他・PV (1)

PIXIE


最新記事


FLOQ



最新コメント


最新トラックバック


finetune



月別アーカイブ


ALPLAYER



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。