Vich-Review

読書と音楽と映画の寸評

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Until The End of The World


UNTILTH.jpg


”Until the end of the world” / Soundtrack / 1991

 





映画はコケたが、サントラは凄まじい作品が残った。なんとも笑わせてくれる一品である。


物語は20世紀末の近未来(映画制作当時では)が舞台。人間の視覚に映ったイメージを他の人間の脳へ直接画像を転送する機械を発明した科学者の息子が、盲目の母に見せる画像を撮るために世界を旅して回る。


このいかにも映画青年的な発想のSF作品の監督は、『ブエナビスタ・ソシアル・クラヴ』のヴィム・ヴェンダース。


20年以上だか構想を考えた大作にふさわしくサントラ用の楽曲提供に集められたミュージシャンの顔ぶれが凄い贅沢の極みである。


有名どころでは、トーキング・ヘッズ、U2、ルー・リード、R.E.M、エルビス・コステロ、それでマニアックな類ではニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズ、パティ・スミス&フレッド・スミス、ダニエル・ラノワという渋い面子に、CAN、クライム&ザ・シティ・ソルーションといった監督の母国ドイツ勢もちゃんと起用。サントラに収録されなかったピーター・ガブリエルまでいるというなんともしたたかな布石と無駄遣い。


これだけ贅沢な音楽をそろえながら映画は興行的に失敗し、内容も批評筋で散々コケにされた。「未収録映像を収めた完全盤を出す」といってヴェンダースはいつまで経っても出さない。その間に『ブエナビスタ』のような隠居寸前のような凡作を出す。永遠に映画としては日の目を見ない作品のようだ。


わたしはサントラを先に聴いて2年余り後に映画を見た。音楽のイメージがあまりに強烈過ぎて作品自体がテーマを追いかけるのに必死、といった感じ。それぐらいこの映画の壮大なイメージを追いかけるミュージシャンたちの姿勢に真摯さと楽曲の結実を感じる。


ちなみにこれを聴きながら大阪芸大の入試に向かいましたが見事合格できました。


歌入りの曲だけでなく、ピグミー族のコーラスをフィーチャーしたグラエム・レベルのオリジナル・スコアも雰囲気たっぷりです。



uteotw_jld_front.jpg







Until The End Of The World: Music From The Motion Picture SoundtrackUntil The End Of The World: Music From The Motion Picture Soundtrack
(1994/08/22)
Original Soundtrack

商品詳細を見る


Until the End of the WorldUntil the End of the World
(1995/03/24)
Solveig DommartinPietro Falcone

商品詳細を見る




スポンサーサイト

回復的文章

回復


管理者對此表示許可

Trackback

http://vichreview.blog116.fc2.com/tb.php/38-5c52cbb4

 | HOME | 

ClockLink


無料ブログパーツ

プロフィール

hemakovich

Author:hemakovich
慢性鬱状態で活字を追うのは苦痛です。
電気ショック療法を受けたみたいに、
直前に読んだページの内容を忘れます。

思春期の衝動が、ハードロックに向かうか、
パンクに向かうかで、
人間の感性って分かれ道になるみたいですね。
自分はパンクでした。

たけしの映画より、
村川透のブルーがきれいです!
村西とおるのサイト、いいです!


My Profile by iddy


カテゴリ

index (1)
Book (13)
comic (1)
essey (1)
novel (8)
nonfiction (2)
その他 (1)
Music (15)
邦楽 (6)
洋楽 (8)
コンピレーション・サウンドトラック (1)
Cinema (21)
邦画 (7)
洋画 (13)
その他・PV (1)

PIXIE


最新記事


FLOQ



最新コメント


最新トラックバック


finetune



月別アーカイブ


ALPLAYER



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。